事実

自分がなにかする、自分がなにかを行う。やってみる。為す。そうすることで、なにかがかわる。未来が変わる。自分以外の未来が、いや自分の未来も変わる。やってみることで、なにかが動く。変わらないようにみえていても、必ず変わる。小さすぎてかわってういないとついついおもってしまうんだけど、実はかわっている。大きくうごいているのだ。きづくことがないだけど、やはり、自分がなにかを行えば、かならず、なにかが、この世界が変わる。

当然専門的にその人間がつくったエリアのなかですれば、それは、そのエリアのなかでしか起こらないことだ。
誰かにたいして行えば、その相手にだけ、なにかが変わる。見えない。相手がどう変わるか、は自分には、決してみえないみえない。ぜったいにみえない。しかし、かならずかわっているものだ。その人の人生にかならう影響を及ぼす。いい影響なのか、悪い影響なのかは、自分がしるよしもない。いいと思って話をしても、いいと思うようにはならないのかもしれない。悪いはなし、わるいことをしようってはなしを誰かにしても、その人は、わるいようにはならないのかもしれない。これは決してわからない。

恋愛もおなじ、相手に好き好きといくらせがんでもかわらないことはけっしてない。かならず影響はおよぼしている。だが、それが自分にとっていい影響なのか和、これはわからない。悪い影響なのかもしれない。悪い影響のほうが恋愛にしてはおおいのかもしれない。

自分の欲望を満たすためのアプローチなら、それ、どうなるのか?相手によるのだ。相手による。相手しだい。けっして、自分のおもいどうりにはならない。
勘違いするひと、勘違い。いや良く理解できていない人が多すぎる。テレビの見過ぎなんだろう。ドラマの見過ぎなのだろう。ものごとは、自分の思い通りに進む。ものごとはドラマのように、うまく進む。自分のおもいどうりに、、、、。ゲームのしすぎ。自分の思い通りにゲームyが進むように、対人関係も進むと思う。理解している人間のなんと多いことは、、、


はてさて、これからどうなるのかな、、、、